So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2005年05月 |2005年06月 ブログトップ

洗濯機

私は先月の半ばにバイトで入りました。今までずっと店の中でウェブサイト関係の仕事ばかりしていたのですが、本日、洗濯機を納めに行くのについていきました。

 …洗濯機って、重い…。

 いや、それだけ今まで楽をして生きてきたということでしょうか。うむむ。


パソコンで音楽を聴く? ~音楽とテクノロジー1~

 ご周知のとおり、某林檎社を筆頭に、わがソニーも猛追しております、HDDポータブルオーディオですが、先日私も購入しました。便利でかなりはまってます。

 私は昔は、普通にラジカセ、コンポの類で音楽を聴いていました。パソコンを使うようになっても、暫くはそれで音楽を聴こうとは思いませんでした。しかし、何時の間にかパソコンで聴くことがメインとなっていき、やがて持っているCDをすべてパソコンに取り込むようになりました。
 パソコンで音楽を聴くときと、コンポで音楽を聴くときの感覚は、似ているようで結構違います。コンポで聞いていたときと違って、CDを入れ替える必要はないですし、CDの取り扱いに注意したりする必要はありません。はっきり言って便利です。

 しかし、今ひとつパソコンで音楽を聴くことから違和感が抜けませんでした。
 なぜか…。

 それは私が思うに、パソコンの「派手な画面」と、「装置としての大げささ」にあるのではないでしょうか。
 「派手な画面」…要は、音楽に集中しようとしても、画面に気をとられてしまうのです。ですから、今でもパソコンで音楽を聞くときは、いちいち画面を消してます。最近のメディアプレーヤーは変な波の模様とか出るので余計に気をとられがちです。
 「装置としての大げささ」…起動に1分くらいかかり、ファンの風切音がうなり、掃除機並みの電力を消費し続ける…音楽鑑賞にしては大げさではないでしょうか?

 というわけで、私は今はポータブルプレーヤーをコンポに繋げて聴くのがメインになっています。ボタンを押せば数秒で起動。一回の充電で30時間以上もつ(実質月一回です)。小さい。画面はモノクロでうるさくない。これらに加え、HDDオーディオの便利のメリットを受けることができます。もちろん、「こんなのは邪道だ!LPを聴け!」など、許せない人もいるでしょうが、音質うんぬんで言い出したらきりがないので、これに満足できなくなったら生演奏を聴きに行きます。

 世の中の流れは、ポータブルオーディオで、ムービーも見られるように…という流れで、液晶が大画面カラー仕様のものを搭載したものも出始めましたが、私はおそらく、それは買わないでしょう。あるいは、全く別のものとして購入し,音楽はあくまでモノクロ画面を使いつづけることでしょう。

 皆様は、どんなスタイルで音楽を楽しみますか?

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
われらがソニーショップ・カトー電器
http://www.cato.co.jp/index.asp
ポータブル・オーディオ製品情報
http://www.cato.co.jp/product.asp?productSort=374
ソニースタイル限定 30GBHDDモデル
http://www.cato.co.jp/productShow1.asp?id=707



-|2005年05月 |2005年06月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。