So-net無料ブログ作成
検索選択

1年間ありがとうございました。 [その他]

07年も残すところ後僅かな時間になってきました。

今日は一段と冷えそうで、皆さんも体には十分気を付けてくださいね!!
当店Blogを閲覧して頂いている皆様、本当に1年間ありがとうございました。

年始1月1日より、1月4日までお休みさせて頂きます。
1月5日より、当店WEB相談並びにBlogも活動再開致します。

08年も当店 CATO DENKIをよろしくお願い致します。


XP Vista メンテナンス+カスタマイズ [その他]

普段忘れがちな、PCメンテナンス、内部のメンテナンスではなくWindowsのメンテナンスも
行ってあげましょう。

特に、WindowsXP や Windows2000などの旧OSを利用している方こそオススメしたい記事です。

VistaのOSではタスクスケジューラーが自動的にメンテナンスを行ってくれるため、さほど心配はないのですが、XPや2000の場合、こういった自動スケジュールでメンテしてくれるわけではないので注意してほしい。

スキャンディスク
ハードディスクのエラーがないか、またはそのエラーを修復したり不良部分を回復してくれる機能だ。
しかもスキャンディスクにはいくつかの種類があるので注意してほしい。

項目にチェック印を付ける部分があるが数少ないメンテナンスなので、2つともにチェックを入れてスキャンディスクを行おう。
※再起動を要する場合があります。

Windowsを再起動する指示が出た場合、通常再起動した後に画面が切り替わりスキャンディスクの画面が表示されるだろう。
※仕様容量や搭載容量によっては半日以上かかる場合もあります。

Windows98などでフリーズ後にスキャンディスクの画面などが表示されていた覚えもありますが、そういったスキャンディスクでは簡易スキャンであり、上記の画像にある修復作業を行ってくれるわけではないのでメンテナンスの際には注意しよう。

■デフラグ

ファイル順序を置き換えてくれる機能、ハードディスク(回転式)ではファイル順序が整理されていないとドライブのヘッドの移動量の増大を招き、読み書き速度の低下や故障を誘発する恐れがあるため、デフラグによってこの順序を整理してくれるのがデフラグという機能です。
一部記事ではデフラグは逆効果! なんて記事もありますが、私は過度のデフラグは逆効果だと思いますが、定期的なデフラグは効果的だと思っております。
壊れてしまったら元も子もありませんから・・・・
PCの故障で、電源や基盤が生きていてもOSを管理するハードディスクが故障しては立ち上がらない・・・・
そうならないためにも、定期的なデフラグも重要だと思います。

・デフラグの利用方法
マイコンピュータよりデフラグをかけたいローカル ディスクを選択し、右クリックでプロパティを開きましょう。

表示された画面の中に「ツール」という項目があるのでツールを左クリック後に「最適化」という項目があると思います。
この最適化というのがデフラグになるので、こちらから最適化してあげましょう。

■適正プロセッサー値を設定
XPや2000では現状販売されているプロセッサー並に構成されたOSではなく当時の技術でつくられているため、実際に厳密にいえばプロセッサーの力を100%引き出すことができないのが事実。
例えばL2キャッシュと呼ばれる部分を多く持っているプロセッサーでも適正値に書き換えてあげない限りOSは256Kバイト(XP)が標準で設定されているんです。
この設定、今現在のCore2Duoでは上位モデルでは4MB、下位モデルでも2MBはある。
搭載されている適正値を修正してあげよう。
※レジストリ編集は各自自己責任で、またバックアップも忘れずに!

スタートからレジストリエディターを起動 「ファイル名を指定して実行」 「regedit」を入力

OS上で認識されているL2キャッシュの設定場所は下記の通り
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\SessionManager\Memory Management
この項目を指定すると右側の画面には下のような画像が表示されるはずです。

ここにあるSecondLevelDataCacheの設定がL2キャッシュの設定値になっている。
※数値が0の場合は256Kバイトが標準値となります。

変更手順は次の通り。
今回、私が操作しているモデルではL2キャッシュは4MBなので、10進数で指定
※1MB=1024KBなのでここでは4096を指定してみました。

動画でエンコードする際にも実際4MB搭載のCore2DuoでもOSが認識されていなければ・・・・・
という事実もあるのでこちらは必ず設定しておいたほうがオススメ。

※Vistaでもやはり初期値は0でした・・・・・・
Vistaの初期認識値は256Kなのかな?
メモリも重要だけど、プロセッサーの能力がさほど行かせていない場合はこちらもお試しあれ。

先日、ご紹介したデュアルコア最適化パッチもかなり重要ですね。
【WindowsXPでオススメ!デュアルコアを最適化パッチ 】 2007-12-29


WindowsXPでオススメ!デュアルコアを最適化パッチ [その他]

WindowsXPをお使いのユーザーにうれしいパッチが!
Core2Duoなどの2つのコアを使うプロセッサーを搭載したモデルが対象になっており、デュアルコアの動作を最適化するパッチがマイクロソフトより公開されております。

この更新プログラムをインストールすると、プロセッサの電源管理機能をサポートし、複数のプロセッサを搭載している Windows ベースのシステムパフォーマンスが低下する場合があるという状況が修正されます。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。

発売当時の技術から考えるとPentium4HTからPentiumDとCore時代に入り、今やCore2シリーズ。
コア数が発売当時から考えると想定はされていないだろう。
WindowsXPをお使いの人には年明けになるのかな? サービスパック3(SP3)に入る予定のパッチで、現在 Windows自動アップデートではこの更新プログラムは入らないので手動でインストールする必要があります。

→Windows XP 用の更新プログラム (KB896256)

体感、起動レスポンスが良くなった感じなのかな?
「ようこそ」のログイン画面が表記後が若干早くなった感じがしますが、どうでしょう?
お試しあれ!


DVDが再生できない!? [VAIO]

VAIOに付属しているアプリケーションの「WinDVD (WinDVD BD)」を利用するのに、再生時になぜかエラーで落ちてしまうという、お問い合わせを頂き、ふとしぬところで解決できた問題。

これから冬休み・お正月に入るにつれDVDに録画する方、BDに録画して視聴する方の間でエラーがおきたら是非参考にしてほしい記事です。

ディスクを入れて、さぁ 見よう!! と思うのにこんなエラーが・・・・

解決できる方法としてお勧めできる手法は2通り。

1.PCを再起動する。

2.管理者モードで立ち上げる。

PCを再起動してみると症状が回復する場合があります。
WinDVDでは他アプリケーションソフトウェアがサウンドコーデックなどを利用している状況で立ち上げてしまったりすると上のようにエラーで再生できない状況がよくあります。

そして、管理者モードで立ち上げる必要がある場合もあります。
なぜ、そのような必要があるのか!?
CPRMで録画したディスクを再生するには管理者のユーザーアカウントでログインする必要があるため
管理者クラスのユーザーアカウント以外の場合、再生することができずエラーが表示されることがあるためです。
そのため、再生時には常に管理者として実行するか、手動でアプリケーション側に管理者として実行するようにソフトを立ち上げる必要があります。

■管理者として実行させるには。

スタート項目より「検索の開始」の枠に「WinDVD」と入力しましょう。
InterVideo WinDVD for VAIO(BD)が出てくるので名前の上を「マウス右クリック」を押します。
すると項目が一覧として出てくるのでその中にある「管理者として実行(A)」を左クリック。
このようにすれば、管理者権限で実行できるため、CPRMに記録したディスクを再生することができます。

VAIO購入で困ったら、皆様からのご相談をお待ちしております。

皆様のお力になれるよう頑張ります。
また、当店ではWEB相談ご成約記念として、当店WEB相談からSonyStyleにてVAIOをご購入したお客様に抽選で100名様にお得なノベルティーグッズやRollyをプレゼントしちゃいます。
一般販売されていない限定グッズや、話題のRolly、どしどしご応募お待ちしております。
【→当店WEB相談はこちら】


eyeVioツールにビデオマジックが追加 [SONYニュース]

ソニーが運営する映像ネットメディアサイト eyeVioに新しくビデオマジックと呼ばれる機能が追加。
名前の通り、魔法の映像作成ソフトとも言えるのかな?
自分も早速インストールしてみて試験利用してみますが。
ビデオマジックとはこんなソフトウェアです。

ビデオマジック basic は、無料でお使いいただける動画作成
ソフトウェアです。取りためた写真デジタルビデオカメラ
撮影した動画を取り込み、スタイルと呼ばれる演出効果を選
ぶだけで本格的なビデオクリップを作成することができます。

x-pict storyなどと同様に映像配信を行う際の動画作成を「ものすごーっく」簡単にしてくれる
便利なソフトです。

x-pict storyも今回発表されました、ビデオマジックもほぼ、3つの操作だけで動画が出来てしまう。

ちょっと前じゃ本当に考えられないぐらい便利になってますね。

また、やはり動画作成するときに修正が難しい人物の位置・・・・・
ビデオマジックはビデオや写真に撮影されている人物の顔を認識することができ、自動的に人物を中心としたビデオクリップを作成できます。
と、X-pict StoryHDにもあった機能ですが、この顔認識機能の有り無しでは作品が全然違いますね。
せっかくの写真がうまく、作成されず・・・・なんてことはなく中心へと自動に編集してくれる超便利機能。

ソフトウェアは約96.7MB
【eyeVio ツール機能一覧はこちら】

早速このソフトウェアをインストールして使ってみよう!
VAIO購入で困ったら、皆様からのご相談をお待ちしております。

皆様のお力になれるよう頑張ります。
また、当店ではWEB相談ご成約記念として、当店WEB相談からSonyStyleにてVAIOをご購入したお客様に抽選で100名様にお得なノベルティーグッズやRollyをプレゼントしちゃいます。
一般販売されていない限定グッズや、話題のRolly、どしどしご応募お待ちしております。
【→当店WEB相談はこちら】


納期が変わったけど年内に!? [VAIO]

本日、各モデル共に08年1月へと納期の目安が変更されましたが。

実はまだ年内配送可能なモデルも!?

続きを読む


年内残り2日の各種キャンペーン [VAIO]

お得なアップグレードキャンペーンも26日(水)で終了してしまう数多くのモデルがあります。
中でもやはりWアップグレードキャンペーンが開催されているモデルではかなりお得。

→SonyStyle VAIO お得な各種キャンペーンはこちら

一部製品構成や納期が08年になるモデルも出てきておりますが、年内配送可能なモデルも数多くまだまだあります。
残りあと2日のお得なキャンペーンや当店で開催されておりますキャンペーンも是非ご活用ください。

また、23:00までWEB相談を開催致しております。
VAIO購入で困ったら、皆様からのご相談をお待ちしております。

皆様のお力になれるよう頑張ります。
また、当店ではWEB相談ご成約記念として、当店WEB相談からSonyStyleにてVAIOをご購入したお客様に抽選で100名様にお得なノベルティーグッズやRollyをプレゼントしちゃいます。
一般販売されていない限定グッズや、話題のRolly、どしどしご応募お待ちしております。
【→当店WEB相談はこちら】


α100シリーズ ファームウェアアップデートのご案内 [SONYニュース]

本日 デジタル一眼レフカメラ「α100シリーズ」のファームウェアアップデートが公開されました。

対象となる製品は下記の通り。

【対象製品】
α100ボディ(DSLR-A100)(J1)
α100ズームレンズキット(DSLR-A100K)(J1)
α100Wズームレンズキット(DSLR-A100W)(J1)
α100高倍率ズームレンズキット(DSLR-A100H)(J1)

【カメラ本体ファームウェアアップデート】
対象のバージョン  Ver1.00、Ver1.01、Ver1.02、Ver1.03

追加される項目
ズームレンズDT 55-200mm F4-5.6のレンズ情報(レンズ焦点距離)表示に対応

→デジタル一眼レフカメラ α100(DSLR-A100)のファームウェアアップデートについてはこちら


2009年はモバイルがさらに熱く! [VAIO]

今年も残すところあと僅かになってきましたが、09年はモバイルモデルがまたも一気に進展しそうな
面影がチラホラと見えてきます。

08年、秋冬ではDoCoMoを先駆けにワイヤレスWAN搭載モデルが販売されましたが
この販売に続き各社KDDIなど様々なプランを立案。
モバイルモデルをより効率よく使うにはやはりワイヤレスWANが欲しい。

Blogや情報を見るのにもちょっとしたところですぐに調べられるというのは大きな点だ。
ここでやはり凄いと思うのは、WindowsVista。
SZ84NSの画面を閉じ、スリープモードから立ち上がりまで5秒もかからないほどの快適さ。
「取り出して、すぐ使える。」
こういったモバイル機器が進めばより使いやすくなる。

myloなんかが良い例じゃないかな。
ワイヤレスWAN環境が整えば、myloの進化型でWANカードをさしてどこでもSkypeや文字会話。
インターネットがより簡単にできるPCができなくても、こういったモデルがより輝ける気がします。

→パーソナルコミュニケーター“mylo”

現状のDoCoMoとの契約で搭載されるワイヤレスWANモデルで実験してみた結果。
通信環境の良い所でおよそ2Mの通信速度が得られるので、インターネットを見たりする部分では
かなり快適な環境であることは間違いない。

パソコンだけではなくウォークマンなど他カテゴリー製品のネット機能がさらに充実していくと
いいなぁ~ なんて思ったりします。

みなさんは、09年にどんな製品展開を望みますか?



VAIO購入で困ったら、皆様からのご相談をお待ちしております。

皆様のお力になれるよう頑張ります。
また、当店ではWEB相談ご成約記念として、当店WEB相談からSonyStyleにてVAIOをご購入したお客様に抽選で100名様にお得なノベルティーグッズやRollyをプレゼントしちゃいます。
一般販売されていない限定グッズや、話題のRolly、どしどしご応募お待ちしております。
【→当店WEB相談はこちら】


ウォークマン New Life New Music Campaign 開始 [SONYニュース]

2008年3月31日17:00までの期間中にウォークマンをご購入の方は
さらにお得なキャンペーンが開始されました。

対象モデルとなるのはウォークマンAシリーズ / Eシリーズ / Sシリーズ

ウォークマンをご購入いただいた後、様々な形で音楽を楽しんでいただけるように、ソニースタイルにてアクセサリーなどを購入できる「ソニーポイント」をプレゼント

■ 4,500beat: NW-A919/BI
■ 4,000beat: NW-A919
■ 3,000beat: NW-A918
■ 2,500beat: NW-A916、NW-S718F
■ 2,000beat: NW-S716F
■ 1,500beat: NW-S715F、NW-S616F
■ 1,000beat: NW-S615F、NW-E015、NW-E013

ソニーポイント以外にもMoraダウンロード応募権という選択もある。

抽選で毎月5名合計25名のお客様に「5万円分」のmoraダウンロード応募権をプレゼントします。
(moraダウンロード応募権当選者の発表は発送をもって替えさせていただきます。)

どちらか一つの特典が選べるようになっており、オススメはソニーポイント。
ソニーポイントを使ってアクセサリーなど周辺機器を揃えよう!!

→New Life New Music Campaign についてはこちら

★まだまだ当店キャンペーン受付中★
WEB相談ご成約キャンペーン

VAIOご購入相談、その他、構成でご不明点などございましたら当店WEB相談をご活用下さい。
皆様からのご相談をお待ちしております。

皆様のお力になれるよう頑張ります。
また、当店ではWEB相談ご成約記念として、当店WEB相談からSonyStyleにてVAIOをご購入したお客様に抽選で100名様にお得なノベルティーグッズやRollyをプレゼントしちゃいます。
一般販売されていない限定グッズや、話題のRolly、どしどしご応募お待ちしております。
【→当店WEB相談はこちら】


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。