So-net無料ブログ作成

VAIO Movie Story投稿コンテスト 終了迫る!5/14まで [VAIO]

ソニードライブ(My VAIOページ)にて開催されているキャンペーン。
VAIOに搭載されているオリジナルビデオ編集ソフト「VAIO Movie Story」を使ったコンテスト。

★VAIO Movie Storyとは★
ハンディカムで撮影した静止画や、ハンディカムで撮影した動画など、今まで専門ソフトウェアを使わなければできなかった、動画の作成もVAIO Movie Storyならボタン数回のクリックでテンプレートに沿ったテーマで簡単に貴方だけの動画が作れてしまう超簡単操作お勧めアプリケーションです。
※ビジネスモデルのVAIO typeBX,typeG以外のモデルでは標準搭載されたアプリケーションソフトです。

名称未設定-16.jpg

VAIO Movie Storyは、ボタン数回クリックするだけで動画を作成出来てしまう、超簡単便利ソフト。





ボタン数回、プロ顔負けの簡単動画作成


このソフトウェアを使って、投稿していただくコンテストが5月14日までの応募締め切りになっております。

こちらのコンテスト、大賞1作品にはBRAVIA!! 優秀賞2作品にサイバーショット DSC-T2が当たります
コレを機会にVAIO Movie Storyをお使い頂いては如何でしょうか?

名称未設定-18.jpg

【→VAIO Movie Story投稿コンテスト ページはこちら】

私のオススメするVAIO Movie Story・動画編集を快適にお楽しみ頂けるオーナーメードカスタマイズはこちら
☆期間限定、Wアップグレードキャンペーン オススメ構成はこちら☆
名称未設定-17.jpg

OSWindows Vista(R) Home Premium 正規版
 カラー パームレストブラック
 プロセッサーCore 2 Duo T8100(2.10 GHz)
 メモリー 4GB(2GB×2)
 ハードディスク 約250GB(5400回転/分)
 ドライブ DVDスーパーマルチドライブ/BD-ROM一体型ドライブ
 ワイヤレスLAN IEEE 802.11 a/b/g・Bluetooth機能搭載
 ヘッドセット なし
 キーボード 日本語配列
 ワープロ・表計算ソフト なし
 セキュリティーソフト Norton Internet Security 2008(90日間体験版)
 動画・静止画・音楽ソフト なし
 ATOKシステムソフト なし
 ホームPC活用ソフト なし
 3年保証サービス <ワイド>

オススメ構成価格:241,800円(税込・送料無料)

【→オススメ構成 製品詳細ページはこちら】


VAIO Movie Storyを中心に利用する事を考えて構成してみました。
特に今回、Wアップグレードキャンペーンということで、メモリー、ハードディスクに構成に一気に強く構成を選んでみました。

まず、メインメモリ、ここは絶対に惜しんではいけない。
2GBから4GBの差は特に動画編集を行う際や動画の書き出しを行うVAIO Movie Storyでも同様に時間の短縮にもつながることから、キャンペーン期間中はなんと+5,000円なんですよね♪

キャンペーン期間外だと、2GB→4GBがなんと20,000円と価格が全然違うので、このキャンペーン中に是非フル活用頂きたいです。

また、HDDもこのキャンペーン期間中で高容量のモデルを選んでほしいのですが、ブルーレイディスクドライブをお選びになる方は、特に高容量のHDDを選んでください。
BDやDVD、CDを書き込む際に同様のことが言えるのですが、パソコンの中に1時ファイルと呼ばれるメディアへ移すための領域を確保しようとパソコンは行います。

この時、HDDにキャッシュ(一時置き場)として利用するにも容量が無い場合は通常よりも格段とスピードが落ちてしまうことになります。
特にブルーレイなどDVD(2層式)などの場合、案外これがHDDの容量を食うんですよね。

アップグレードキャンペーンでは通常より200GB以上のモデルの場合、5,000円もお求めやすくなりますが選ぶなら必ず200GB以上!!!

更に、キャンペーンはこれだけではなく、 eLIO決済3%OFFやVAIO Movie Storyの小冊子キャンペーンSo-net ブロードバンドキャンペーンと、Wアップグレードキャンペーンだけでも超お得なんですが、すべてのキャンペーン、是非みなさんご活用ください。

キャンペーンを使ってさらに、お得にムービーストーリーを使ってキャンペーンに応募しよう!!
【オススメモデル VAIO typeFシリーズはこちら】

高性能で持ち歩き、AV機能も満載なモデル構成をカスタマイズ! [VAIO]

外出先でも、気軽に持ち運びができ、パソコンの立ち上げに掛る時間やアプリケーションの立ち上げに掛る読み込み時間を解決した、高性能ハイエンドモバイルPC。
フラッシュメモリーを選ぶことにより、高性能+スタミナを手に入れられる私のVAIO typeTお勧め構成はこれです!


OSWindows Vista(R) Home Premium 正規版
カラープレミアムデザイン
プロセッサーCore 2 Duo U7600
メモリー2GB
ドライブフラッシュメモリー 約64GB
DVDスーパーマルチドライブ
ワイヤレスLANIEEE802.11 a/b/g
ワイヤレスWANなし
ワンセグチューナー搭載
指紋センサーなし
ヘッドセットなし
キーボード日本語配列
バッテリー標準バッテリー(L)
プラグアダプターなし
ワープロ・表計算ソフトなし
画像編集ソフトなし
セキュリティーソフトNorton Internet Security 2007(90日間体験版)
3年保証ワイド




注目の構成内容は、やっぱり「ドライブ」部分の豊富な選択肢の所。
VAIO typeTでは、ドライブ構成の選択幅が非常に多く全部で12種類そのうち、フラッシュメモリーを搭載した選択は8種類もの構成から選択が可能なんですが、そんなに合っても迷っちゃいますよね^^;

フラッシュメモリー 約64GB
2.5型HDD 約250GB
フラッシュメモリー 約64GB
2.5型HDD 約160GB
フラッシュメモリー 約64GB
DVDスーパーマルチドライブ
フラッシュメモリー 約64GB
フラッシュメモリー 約48GB
2.5型HDD 約250GB
フラッシュメモリー 約48GB
2.5型HDD 約160GB
フラッシュメモリー 約48GB
DVDスーパーマルチドライブ
フラッシュメモリー 約48GB


フラッシュメモリーは、ハードディスクとは違い、無回転式記憶装置にて、振動によるヘッドの破損など、故障を防ぐ面の他にも、データアクセスの読み書きが回転式のハードディスク比べると圧倒的に早い。
モバイルパソコンとして活躍できる分、外出先やカフェなどでご利用頂く際に、快適な動作+素早い立ち上がりを実現できるのがこの構成。
容量の少なさがネックでしたが、最大容量64GBもの大容量フラッシュメモリーを選択できるようになり、さらに、2.5型ドライブに別途HDDを選ぶことも可能になっています。

今回私が選んだのは・・・・・・

→続きを読む

海外故障でも安心して使えるVAIO typeC [VAIO]

皆さん知ってますか?
海外にノートパソコンを持っていった場合など、故障した場合って、すっごく困りますよね。
システム的なエラーなら詳しい人などに聞いて修理できても物理的な故障な場合など手の施しようが
無い場合、修理に出すにも、日本で購入したモデルの場合、一度日本に送らなければならないなどとなってしまうと
日数が掛かってしまう点など苦悩になるでしょう。

VAIOではなんと海外でも利用していた際に、故障した場合修理が受けられるサービスがあるんですよ。

海外でお仕事をされる方なんか、このサービス必見です。

Untitled.jpg

1年間 無料で現地修理に対応しているサービス。
気をつけていただきたいのが、ソニースタイルで行われている<ワイド>サービスに含まれている破損/漏水/火災/落雷/水害など故障にはこちらのサービスは対応しておらず、故障による現地修理になるのでモバイル機種などの場合
日常利用の中では特に落下による破損故障など水濡れによる故障には十分注意して頂きたい。
それでも<ワイド>の有り無しでは、大きな額の違いになるので5万・6万は本当に簡単に修理だけで飛んでいって
しまうような金額なので<ワイド>にもご加入してください!!

モデルによって海外サービスに対応しているモデルと対応していないモデルがあり、
今季発表された新型を含めたVAIO typeCモデルも海外で安心してご利用いただけますように、海外サービスに
対応されました。

VAIO Overseas Service対応モデル一覧

各国によってコールセンターの営業時間が異なるので注意しましょう。

※表記は現地時間になりますのでご注意下さい。

サービス料金は5,250円(税込み)
※My VAIO Passメンバーの方には、250円分(税抜価格の5%分)のソニーポイントをプレゼント。
※My VAIO Passプレミアムメンバーの方は、500円分(税抜価格の10%)のソニーポイントをプレゼント。

→お申し込み手続きはこちら


【海外でも安心してご利用できるVAIO Overseas Serviceはこちら】


★08年夏モデルVAIO 人気の大画面ノート VAIO typeC★
Untitled.jpg

マカフィーxVAIO コラボページ [VAIO]

2008年春モデルでは、NortonInternetSecurityを体験版としてプリインストールされていたモデルだったんですが、
今季 夏モデルからはマカフィーと呼ばれる、別社のセキュリティーソフトウェアに変わっています。

私も実際、マカフィーは使ったことないので初めてになるんですが、VAIOページではマカフィーとのコラボレーションということで特設サイトを設けております。

名称未設定-10.jpg

Nortonをずっと愛用してきた私にとっては、ちょっと悲しいお知らせなんですよね。
夏モデルから搭載されていく、マカフィー。
Nortonと比べるとどうなんでしょうか。

個人的にやっぱり気になるのが、メモリの消費量とかなんですよねぇ。
年々、各社いろんなセキュリティーソフトウェアが出て「軽くなりましたー」 なんて発表していますが。
他機能を+αしてしまうと結局 重たいんですよね(涙

そんな分けで、期待するところとしては動作環境の部分や使いやすさが個人的には興味があります。


【→マカフィーxVAIO コラボレーションページはこちら】

正規版Movie Styleを使ってみました。 [VAIO]

前回では、公式ページからダウンロード可能な体験版で、MovieStyleを使って1発変換ができる操作をご紹介しましたが、今回は製品を購入しての正規ソフトウェアとして立ち上げてみました。
体験版の場合、14日間の期間、無料で体験できる日数になっており、15日目からは正規アプリケーションとして動作するためにライセンス更新画面が表示されるようになります。


体験版と正規版の大きな違いとしては
■出力動画の開始と終了にロゴ画像が挿入されます。
■本体の起動開始までに10秒の待機時間があります。
■体験版ライセンスは1週間に一度更新する必要があります。

と動画に直接影響するのが1件と、立ち上げまでの待機時間やライセンス更新の手間暇が掛りますよー、と言う内容になっている。


体験版の場合下記画像のように、動画の開始時、終了時に必ずロゴ画像の表記が追加されるようになります。

※製品版ではこちらのロゴ表記は無くなります。
 

映像開始から4秒間と終了に2秒ほど、体験版の場合、追加される仕組みになっております。

1発変換で超手軽なソフトウェアなんですが、実はそれ以外にも中々面白い機能を搭載しているんですよ。

早再生モード・遅再生モード、キーチェンジやボーカルキャンセル機能を搭載

→続きを読む

動画を圧縮(エンコード)してみよう [VAIO]

以前、TMPG Encソフトを使ったエンコードをご紹介しましたが、このソフトウェアの欠点ともいえる部分もあるんですが
大容量ファイルを多数エンコードしようとしたときハング(フリーズ)してしまうんですね。

バグかな? ちょっと原因が分からないところから、こういった対処法を私はとっています。

長時間記録したり、大容量のファイルの場合、編集する場合はプレミアソフトなどでプロキシファイルを作成して
編集が勿論一番ですが、変換目的の場合、編集ソフトに入れて・・・・・なんてしていると時間がかかって
しょうがないんですよね。

そこで、私の場合ですが、オープンソースのAVI動画編集・エンコードソフトの
VirtualDubと呼ばれるソフトウェアを使って1回目の簡易エンコードを行っています。
Untitled.jpg

AVIファイル以外にもMPEGなど様々なファイル入力形式に対応しており、自分の中では簡易圧縮と呼んでいるんですが1回目のファイルエンコードを行う際にはもってこいのソフトです。

【→Yahooで検索 VirtualDub】

エンコードしてみた感じ、DviXエンコード(SSE4)では約30分(動画ファイル1時間記録)で変換が可能で
30分で変換したファイルをTMPG Encを使って高圧縮を掛けたりしてますが皆さんいかがですか?

DivXエンコードでは7800kbpsと高いビットレートで圧縮を行い、画質を保ち、TMPG Encで2パスやフィルターを
導入して高圧縮処理を行います。


【TMPGEnc4.0 XPress 2パスエンコードと1パスエンコード 】

TMPGEnc4.0 XPressだけではなく、最近ではモバイルに持ち出すように簡単にモバイル用に変換できる
ソフトウェア「TMPGEnc Movie Style」もあるのでこちらもオススメ

【簡単持ち運び、TMPGEnc Movie Styleを実際に使ってみました】

動画編集や動画ファイルエンコードをするならSSE4プロセッサーを搭載したモデルがオススメ

4コアの真価なら動画編集で味わおう [VAIO]

名称未設定-7.jpg

VAIO typeR master モデルで選べるプロセッサー、Core 2 Quad 、コアの数が2コアではなく、4コアになっており
マルチプロセッサーに完全対応した場合、圧倒的な処理能力を誇るんですよね。

特に今季、SSE4対応のCore2Duoとはいえ、同じようにQuadもSSE4や2次キャッシュも増加していることから
2コアも多く処理計算を可能とするコアがあいていることは大きな性能差になりそうですね。

Core 2 Duo E8200(2.66GHz)が既にR masterでは販売終了アナウンスがされており、E8400、E8500と少しばかり価格は上がりますが、Core 2 Duoシリーズからの最低構成になります。

Core 2 Duo E8200 → Core 2 Quad Q6600が+52,000円
Core 2 Duo E8200 → Core 2 Quad Q6700では+57,000円となっており、本格的なハイビジョン編集や
毎週、毎日の放送番組をエンコード処理する際には最高な相性を持つプロセッサーとも言えます。

逆にアプリケーション側が対応しきれていない場合にはCore2Duoの方が性能が良かったりする場合もあります。
扱いが難しいところもあるのですが、是非1度、自分でエンコード作業をしてみたいものです。
SSE4であれだけ大きな体感差を感じてしまうと期待してしまいますね。

【08年春モデル、プロセッサーの性能比較!】


今回、typeR masterモデルにて実施されましたプロセッサーアップグレードキャンペーン、キャンペーンを利用して
ご構成を選ばれる場合ポイントは「Core 2 Quad Q6700」
このモデルが一番オススメです。

【→プロセッサーアップグレードキャンペーン VAIO typeR masterモデルはこちら】

x-scrap bookに新テンプレート追加 [VAIO]

自分で撮影した写真をテンプレートと合わせるだけで簡単にスクラップブックが作成出来てしまう。
アプリケーション。
ココの所、すっごく簡単で便利なソフトウェアが続々登場してますよね。
MOVIE STORYやスクラップブックなんかもそうですが、ボタン数回という簡単操作になってたりします。


さてさて、ソニースタイルにて公開されているコンテンツ

「体験空間」 その名の通り、いろんなアプリケーションソフトがここでは体験出来てしまうんですが
その中にある、「x-scrap book」

こちらの新しいテンプレートを紹介したいと思います。

「ピクニックテンプレート」
名称未設定-6.jpg

GWにピッタリのテンプレートが公開されましたね^^
写真をたくさん撮って、x-Scrap Bookや、MovieStoryを使ってより一層楽しみませんか!

【ソニースタイル 体験空間はこちら】
【体験空間 - ピクニックテンプレートはこちら】

☆★x-ScrapBookを使ってみました★☆
→続きを読む

高性能モバイルパソコン typeSシリーズ メモリーアップグレードキャンペーン [VAIO]

高性能モバイルPCをお求めの方にピッタリのVAIO typeSシリーズに「メモリーアップグレードキャンペーン」が開催されました。

こちらも、VAIO typeFシリーズ同様、「メモリー1GB」から「4GB」を選択した際に通常より10,000円お得になるんですね。

メモリー2GBから4GB選択時には「+10,000円」、通常時は「+20,000円」なんですね。
特にデュアルチャンネル動作をご希望の際には4GBがオススメです。

メインメモリ2GBx1の場合、デュアルチャンネル動作を行う際には、2枚で1セット動作になるため、相性の問題などもあるんですよね。
自分が1世代前のPentium4の時かな?

当時のモデルだとDDR333といわれていたメモリ規格でしたが、デュアルチャンネルが策定された時のモデルでしたが
メモリーを増設した際に、ブルー画面のエラーの続発。

理由は、メモリーの相性という問題だったんですが。

オーナーメードカスタマイズで、標準でデュアルチャンネルが選べるのは4GB(2GBx2)だけです。
このキャンペーン期間中、是非メモリーアップグレードキャンペーンをご活用ください。

【高性能モバイルPC VAIO typeS  メモリーアップグレード実施中】

人気モデルのVAIO typeFがWアップグレードキャンペーンでお得 [VAIO]

1.jpg

15.4型、大画面ノートの中でも、価格もお求めやすく、高性能なVAIO typeFシリーズがアップグレードキャンペーン
しかも2つのキャンペーンが重なっております。

★メモリーアップグレードキャンペーン★
メインメモリ1GB(標準搭載<パームレスト:ブラック>)から4GB選択時に15,000円も通常時よりお得になるんですよね。

そうなると・・・・・・・・・

メインメモリ2GB選択時から4GB選択への差額がなんと・・・・

★+5,000円★

2GBメモリが5,000円、しかも3年保証も健在で安心してご利用頂けますよね。

通常時だと、メモリ2GBから4GBへ選択時には+15,000円ということで、20,000円も増額になってしまうんですが
キャンペーン中は5,000円と大変お安く選べる超スペックアップキャンペーンですね。

おおっと、これだけでも十分お得だと思ってたんですが、今回はなんとハードディスクアップグレードキャンペーンも実施中でした。
ハードディスクアップグレードキャンペーンでは、最大5,000円お得になるキャンペーンになっており
二つのキャンペーンを利用すれば最大20,000円も通常時もお得になります。

★さらに★

ソニーカード 同時入会サービス (eLIO決済)を利用すれば、3%OFF)で更にお得になるわけです。

是非この機会をご利用ください。

【ソニースタイル Wアップグレードキャンペーンで大変お得なVAIO typeFはこちら】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。